盆栽初心者でもカンタン!エゾマツの育て方。

 

『エゾマツ』がプロ管理で最安値のネット通販はこちら↓

盆栽妙は30日間返金保証ボタン

 

 

 

 

蝦夷松
エゾマツの特徴
蝦夷松(エゾマツ)は北海道の渡島半島以外に生息するとくに寒冷地や湿地帯に多く見られ、樹皮が黒褐色で、うろこ状に割れ目が入るのが特徴です。そして最大の特徴は松の中でも葉が短いということ。ほかの松は葉が長くシャープなイメージですが、葉が短いエゾマツは愛嬌があるイメージで女性にも人気です。寒い地域にしか自生していないので温暖な地域だと管理が難しいのでは?と想像してしまいますが、じつはエゾマツは気温に対する順応性が高いので、暖かい地域でも問題ありません♪水を好む樹ではありますがイチイや睡蓮木のようにシビアな水管理が必要というわけでもありません。基本的に丈夫なので初心者に向いていると思いますね。

 

『エゾマツ』盆栽の育て方

蝦夷松カレンダー

 

【置き場所】
置き場所にそこまで気を付けなくても良いが夏は寒冷紗(野菜などの植物を覆う被覆資材)などで日よけをしたほうが健康的に育ちます。ただ寒冷紗をするさいには湿気がこもらず蒸れないようにするのが大事。冬は寒さに強いとはいえ寒風にさらされない場所に置いてください。寒さに強いので室内に避難させる必要もありませんが室内でも管理しやすいので、コケ玉にして観葉植物としても良いです。エアコンの風が当たらず風が通る場所なら基本どこに置いてもOK。

 

【水やり】
1〜2月には1日1回、春・秋には1日に1〜2回、夏場7〜8月頃には1日3回程度を目安に行って下さい。

 

【肥料】
夏と冬に肥料は避けた方がよいです。やり時は4〜5月の春先と9〜11月の秋。月1回固形の肥料を置くだけでOKです。人間にとって過ごしやすい気温になったら肥料をするとだけ覚えておくとよいでしょう。

 

【病気】
エゾマツは病気予防のために薬を撒くよりも環境を良くしてあげることが一番大事!室内管理であっても適度に日光の当たる場所に置く事、そして風通しの良い場所であること。この二点を守るだけでエゾマツは強いのでそうそう病気になることなんてありません。害虫がついてしまったときだけ薬剤を散布するだけでOKです。

 

【芽摘み】
エゾマツの芽摘み適期は、4月中旬〜5月中旬。小枝の先の部分に黄緑色の新芽がでてきます。

 

【針金】
針金は枝が二股になるように左右にかけると樹形が作りやすいです。また、エゾマツの枝は下方向には強く上方向に弱いため、枝を下げることにはめっぽう頑丈なんですが、枝を上に挙げたりねじったりしたときに枝枯れを引き起こしやすい。枝を上げたりねじったりする場合に必要なのは時間をかけること。いきなりグッと上げてしまうと失敗することが多いです。針金かけをするときに無意識に上方向に力入ることもあるので丁寧な作業をするための集中力を切らさず頑張ってみてください!

 

エゾマツの針金かけは他の松の盆栽に比べてかけやすいですが、葉を一緒に巻き込んでしまい傷つけやすい側面もあるので、針金をかけるときはガサツに扱わず壊れやすいものをを扱う感じで行うことが大切です。針金適期は1〜2月、3月下旬、10月〜11月が一般的です。針金掛け初心者にオススメなのは、秋に針金かけをすると失敗しにくいです。1〜2月に針金かけをすると葉を傷めやすく、不意に葉を落してしまうことがありエゾマツも傷つきますがアナタも心も傷ついてしまいます。たしかに1〜2月は適期ですが慣れて繊細な作業ができるようになるまで待った方がよいです。

 

枝抜き
エゾマツの枝抜き適期は、10月下旬〜お彼岸頃。ただ真冬の時期の枝抜きは避けます。盆栽初心者にオススメの時期は10月下旬から11月初旬です。寒い時期前にやってしまった方が失敗は少なくなります。

 

植え替え
若木なら3年位に一度、成木は5年位に一度の割合で植えかえを行うのが基本です。エゾマツに最適な用土は赤玉7割、桐生砂を3割をブレンドした用土。他の松柏類盆栽と基本同じですね。ただエゾマツの場合はあまり切り根を詰めないことが大切です。

 

エゾマツの植えかえの適期3月下旬〜4月中頃。芽摘み適期より2週間ほど早いこの時期が植え替えのBEST時期となります。このじきになるとチラホラ新芽が出始めるので、新芽の包みが開く前までに植え替えしてください。もしも春に植えかえが出来なかった場合は、秋でもOK。ただし寒くなる前にやってください。その理由は寒さで枯れてしまう恐れがあるため。寒さに強いエゾマツですが植え替え直後は寒さに対抗できる体力があまりなく、寒さ対策をせずに植え替えしてしまうと枯らしてしまうことがよくあります。

 

 

プロ管理のエゾマツを一番安く買えるネット通販は?

これを見れば盆栽初心者でもカンタン!エゾマツの育て方。

盆栽妙は30日間返金保証ボタン

 

 

 

 

エゾマツとは(ウィキペディアより引用)

大きいものでは樹高40 m、幹の直径は1 m以上に達する。樹皮は黒褐色でうろこ状に割れ目が入るのが特徴であるが、当年枝の表面は滑らかでやや淡色である。天然には広葉樹やトドマツなど他の針葉樹と混交して自生する。防風林や公園樹、庭木として植えられる。晩霜に弱く、エゾマツカサアブラムシによる被害もあることから人工造林は難しく、ほとんど行われていない。

 

エゾマツ材は淡黄色で着色した心材がない。木目もまっすぐに通っており美しく、建築材料に多く用いられる。また繊維が長く、製紙用原料(パルプ材)にも非常に適している。切削などの加工も容易で、家具、箱材、楽器(ピアノ、ヴァイオリン、ギター等)、経木、マッチの軸、碁盤など様々な用途に利用されている。

 

トドマツとともに北海道の針葉樹林の主要樹種であり、「北海道の木」にも指定されている。

 

盆栽を通販購入するならコチラ!

盆栽ネット通販購入盆栽妙盆栽専門店


今は通販でなんでも買えちゃう世の中、しかし盆栽は犬猫を同じく「生き物」ですので、盆栽の管理状況の良さ、保証付き、選んだものと届いたものに差がないなど通販購入でもっとも気を使う部類のものではないでしょうか?

オススメの盆栽通販ショップは盆栽妙。

  • プロによる盆栽管理の行き届いている
  • 万が一の時、購入してから30日間の保証がある
  • 初心者にも管理方法を教えてくれるのでやさしい

購入するなら間違いのないお店です(^o^)/
TOPへ